組織概要

ホーム > 組合長挨拶

組合長挨拶

組合長理事
組合長理事
小林 正司

農家・組合員等の皆様には、日頃より農業保険事業の運営に格別のご理解とご協力を賜り厚くお礼申し上げます。また、共済部長をはじめとする基礎組織の皆様には、NOSAIがその機能を果たすために、格別なご尽力を賜っておりますこと心から感謝申し上げます。

さて、6月1日に開催された理事会におきまして、組合長理事に就任いたしました。これまで以上に、農家の皆様が安心して農業経営ができますよう、効率的な組合運営、安定的な事業の実施に万全を尽くして参りますので、よろしくお願い申し上げます。

農業者は、一昨年来、世界的に流行した新型コロナウイルス感染症の影響による大幅な収入減少に見舞われており、また、台風や豪雨、地震等の自然災害等では、各地の園芸施設や農作物等に甚大な被害が発生しました。さらに、本県においては、3月16日に本県沖を震源とする震度6強の地震が2年連続発生し、また、6月2日、3日には降ひょう被害が発生して農業経営に深刻な影響を与えております。加えて、直近の国際情勢の変化が与える農業経営への悪影響も懸念されるところであります。

このような事態に対し、本組合は、農業者の早期の経営再開・営農継続に向け、収入保険による補填及び共済金の早期支払い、更にはつなぎ融資による迅速な資金対応等に取り組んで参りました。

農業保険は、農業者のセーフティネットとして基幹的な役割を果たしており、第5次「食料・農業・農村基本計画」や「農林水産業・地域の活力創造プラン」において、その普及促進・利用拡大が急務とされています。

今後とも行政及び関係団体と連携を図りつつ、収入保険加入件数3,600経営体と令和4年度総共済金額1兆2,413億円の事業計画の達成並びに水稲共済及び園芸施設共済の加入拡大等に重点的に取り組んで参ります。

組織概要

福島県農業共済組合(NOSAI福島)
〒960-8031
福島県福島市栄町6番6号
NBFユニックスビル6F