最新情報

ホーム > NOSAI福島からのお知らせ

NOSAI福島からのお知らせ
  • お知らせ

実施体制の改善計画について
本組合の運営は、組合員の減少による事業規模の縮小や国からの事務費負担金の減額が続く中、業務の合理化・効率化による運営コストの削減を図りながら農業保険の加入推進に取り組んでおります。
農業保険制度は、自然災害等により広範かつ甚大な被害に度々見舞われる我が国の農業にとって必要不可欠なものであり、その運営主体である農業共済団体は、農家のために将来にわたって安定的に事業を実施し得るよう実施体制をより一層強化する必要があることから、実施体制の改善に向けた検討を行っております。

■水稲共済事務費賦課単価の統一

水稲共済賦課単価は、組合員の負担増嵩を抑えつつ、全ての農業者に対してセーフティネットを提供すべく、将来にわたって安定的に事業を継続し得るように、令和4年産から1㌃当たり60円に統一する予定です。

■組合員等割賦課金の統一

令和4年度より徴収しません。

■支所の統合

特定組合設立後、旧組合をそのまま9支所として運営してまいりましたが、業務経費の抑制と効率化を図ることを目的に、令和4年4月より4支所に統合します。

現行 統合後
県北支所
 保原会館
安達支所
相馬支所
県北支所(現安達支所)
 福島出張所(現県北支所)
  伊達連絡所(現保原会館)
 相馬出張所(現相馬支所)
郡山田村支所
 田村出張所
双葉支所
いわき支所
中央支所(現郡山田村支所)
 田村出張所
 双葉出張所(現双葉支所)
 いわき出張所(現いわき支所)
いわせ石川支所
白河支所
 棚倉出張所
県南支所(現いわせ石川支所)
 白河出張所(現白河支所)
  棚倉連絡所(現棚倉出張所)
会津支所
 南会津出張所
会津支所(変更なし)
 南会津連絡所(現南会津出張所)
今年は、総代等の改選期です
総代定数285名
総代は、組合の最高意思決定機関である総代会において、定款及び事業規程の変更、事業計画・決算承認などの議決権や役員の選任権を有します。
総代は、組合員であることが前提です。選任については、「立候補」または「推薦」された人で、選挙により選出されます。
任期令和4年4月1日から3年間

共済部長及び損害評価員
共済部長は、組合の事業内容などを組合員の皆さんに伝達したり、提出していただく書類、ご意見を組合に連絡するなど、組合員の皆さんと組合との「橋渡し」の役目を担います。
損害評価員は、水稲や果樹など、組合員の皆さんから被害が申告された耕地、園地などを調査し、見込収穫量などを決定します。共済金支払いの基礎となる重要な役割です。

損害評価会委員
関係機関の学識経験者や各地区の代表から組合長が推薦し、総代会の承認を得て選任され、災害発生時の現地調査、収穫期における収穫量の調査を行います。
損害評価会は、組合から諮問された共済掛金率の設定、共済金支払に係る減収量認定等について、審議答申する機関です。
任期令和4年6月1日から3年間

役員(理事・監事)定数20名
理事17名・監事3名の定数により改選が行われます。
理事は総代会の議決を遵守し、組合の事業運営や業務執行にあたります。
監事は理事の業務執行状況等の監査にあたります。
任期令和4年6月1日から3年間

集金業務に関するお知らせとお願い
NOSAI福島では、日ごろよりコンプライアンスの徹底と運営の健全化・効率化に取り組んでいます。つきましては、現金の取扱いについて、防犯・安全確保の対策及び手続きの利便性向上を図る観点から、これまで行ってきました訪問による現金集金業務を令和4年度より原則廃止します。口座振替にご協力をお願いします。
口座振替のできる金融機関は、JA、銀行、郵便局、信用金庫、信用組合などです。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願いします。

福島県農業共済組合(NOSAI福島)
〒960-8031
福島県福島市栄町6番6号
NBFユニックスビル6F