最新情報

ホーム > 最新情報 > お知らせ

【園芸施設共済のご紹介】
  • お知らせ

園芸施設共済 災害による被害を補償する、いざという時の農家の味方。
1 加入できるもの

◎特定園芸施設
農作物を栽培するためのプラスチックハウス(雨よけ施設等を含む)及びガラス室

温室その他のその内部で農作物を栽培するための施設
●ガラス室
●プラスチックハウス
気象上の原因により農作物の生育が阻害されることを防止するための施設
●雨よけ施設及びネットハウス
●多目的ネットハウス
注意:車庫・倉庫等の農作物の栽培を目的としていないハウスについては、加入できません。

◎組合員が選択して加入できるもの
農作物を栽培するためのプラスチックハウス(雨よけ施設等を含む)及びガラス室

[附帯施設]
特定園芸施設に附属する暖房施設・かん水施設・換気施設・カーテン装置(内張)など
[施設内農作物]
特定園芸施設の内部で栽培される野菜・花きなど
[撤去費用]
災害による特定園芸施設の損壊に伴い発生する撤去に要する費用を補償します。
(被覆材に係るものは補償の対象外)
[復旧費用]
災害による特定園芸施設、附帯施設を修復するのに要する費用を補償します。
(被覆材に係るものは補償の対象外)

2 共済責任期間

共済掛金を納入した日の翌日から1年間となります。ただし、特定園芸施設の設置期間が周年でない場合等は1年未満となります。

3 対象となる災害

●風水害 ●ひょう害 ●雪害 
●その他気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害 
●火災、破裂及び爆発 ●航空機の墜落 ●車両の衝突及び接触 
●病虫害 ●鳥獣害

加入している棟に被害が発生した場合は、速やかにNOSAIまでご連絡ください。

4 掛金・事務費賦課金

掛金の2分の1は、国が負担します。
(例)
・設置面積:40㎡(間口4.5m×奥行9.0m)
・被 覆 材:防塵農ビ0.1mm厚(新品)
・補償期間:1年
・被覆期間:2カ月(4月~5月)
・補償割合:8割

本体
経過年数
共済金額
(補償額)
国負担 農家負担
掛金 掛金 賦課金
1年未満 77,000円 232円 232円 192円
2年~3年未満 71,000円 214円 214円 177円
5年~6年未満 63,000円 188円 189円 157円
8年~9年未満 54,000円 162円 162円 135円
10年以上 48,000円 144円 144円 120円

【畑作物共済のお知らせ】加入申込受付のお知らせ
  • お知らせ

畑作物共済(大豆) 風水害などによる損害に応じて支払い。
加入申込みが5月1日から始まりました

 畑作物共済では、平成31年産から制度改正が行われ、地域インデクッス方式の新設、補償割合の拡充、新しい危険段階別共済掛金率の導入など、より加入しやすい制度となりました。
 また、現在多くの方にご加入いただいている一筆方式は令和3年産までで廃止となる予定です。補償の大きな全相殺方式などへの移行をお願いいたします。
 単位当たり共済金額(1kg当たり補償単価)は、経営所得安定対策の畑作物の直接支払交付金を申請する農業者と、申請しない農業者で異なります。交付申請の有無をご確認ください。
 なお、畑作物の直接支払交付金の面積払い交付金を申請する農業者は、当年産の減収量に交付金に相当する数量を加味して共済金の算定を行うことになります。
 詳しい内容については、お近くのNOSAI各支所へお問い合わせください。

◎加入申込期限
令和2年5月1日から6月15日まで

◎補償期間
発芽期から収穫期
(適期に刈取り、圃場から搬出するまで)

◎加入面積基準
大豆の栽培面積が5アール以上の方

◎対象となる災害(共済事故)
風水害、干害、冷害、雪害、その他気象上の原因(地震、噴火を含む)による災害、火災、病虫害、鳥獣害

◎近年の水稲被害状況
引受方式 補償割合
(支払開始損害割合)
補償内容
一筆方式
(令和3年産まで)
7割(3割) 耕地一筆ごとに、基準収穫量の3割を超える減収があったときに共済金を支払います。
半相殺方式 選択制
8割(2割)
7割(3割)
6割(4割)
組合員ごとに、被害耕地の減収量の合計が、組合員の基準収穫量の2、3、4割を超える場合に共済金を支払います。
全相殺方式 選択制
9割(1割)
8割(2割)
7割(3割)
組合員ごとに、組合員の基準収穫量から出荷データ等で把握できる実収穫量を差し引いた数量が1、2、3割を超える場合に共済金を支払います。
地域インデックス方式 選択制
9割(1割)
8割(2割)
7割(3割)
組合員ごとに、圃場の市町村統計単収を基に算定された減収量が、基準単収の1、2、3割を超える場合に共済金を支払います。

基準収穫量とは、「平年収量」のことで、その年の天候や肥培管理等が平年並みだった場合に見込まれる収量です。なお、全相殺方式においては、最近5カ年の出荷データ等のうち中庸3カ年の出荷量を平均した数量です。

【農作物共済のお知らせ】加入申込期限について
  • お知らせ

農作物共済(水稲) 自然災害などの共済事故を補償。
加入申込期限について
万が一の災害に備えましょう

 昨年は、令和元年東日本台風による記録的大雨で、土砂流入や冠水など甚大な被害がありました。春先には降雪量の減少及び少雨の影響による移植不能や7月の低温・日照不足による生育不良など自然災害が多発しました。
 今年も記録的な暖冬の影響による雪不足で、春以降の農業用水の確保が困難になることが予想されます。このような自然災害に備えるため、ぜひ水稲共済に加入しましょう。
 加入する際は、加入申込書の内容をご確認いただき、申込期限内に申込みをお願いいたします。
 詳しい内容については、お近くのNOSAI各支所へお問い合わせください

◎加入申込期限
令和2年4月20日まで
(申込期限を過ぎても、移植前であれば加入申し込みができます。)

◎補償期間
移植期(直播をする場合にあっては発芽期)から収穫期まで
※移植期(発芽期)とは、その地方において通常の収穫量を得ることができる期間です。
※収穫期とは、適期に刈り取り圃場から搬出するまでとし、圃場乾燥期間も含みます。

◎対象となる災害(共済事故)
風水害、干害、冷害、雪害、その他気象上の原因(地震、噴火を含む)による災害、火災、病虫害、鳥獣害

◎近年の水稲被害状況
年産 被害戸数 被害面積 共済金
28 656戸 20,063.4 a 37,635,888円
29 1,293戸 48,133.9 a 78,916,420円
30 986戸 41,535.5 a 86,654,952円
31 2,496戸 106,670.0 a 320,380,723円
令和元年東日本台風による被害写真

広報紙「ひかり~NOSAIふくしま~」21号を掲載しました。
  • お知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止と業務継続対応について
  • お知らせ

令和2年産から適用する畑作物共済掛金率等について
  • お知らせ

令和2年産から適用する畑作物共済掛金率等について一覧表を掲載いたします。

新型コロナウイルス感染症の影響に伴う保険料の納付期限の延長について
  • お知らせ

農業共済のニーズ調査を実施します
  • お知らせ

農業共済対象品目のうち、県内の共済事業として実施していない品目及び引受方式についての意向調査を行います。
ご意見についてはメールで送信いただくか、お近くのNOSAIへお願いします。

農業共済のニーズ調査について(アンケートのお願い)←クリックすると開きます。

令和2年産水稲の単位当たり共済金額(品質方式)について
  • お知らせ

令和2年産水稲の単位当たり共済金額(品質方式)について一覧表を掲載いたします。

広報紙「ひかり~NOSAIふくしま~」20号を掲載しました。
  • お知らせ

NOSAIの建物共済 住まいる
  • お知らせ

集中豪雨や台風に備えて
自然災害には総合共済
 
NOSAIの建物共済 住まいる
 地球温暖化が原因とみられる、これまでに経験したことのないような気温の上昇や集中豪雨、記録的な干ばつなどの異常気象が頻繁に発生しています。
 建物共済には、火災共済と総合共済の二種類があります。自然災害による災害の補償を受けるには、総合共済への加入が条件となります。

臨時費用担保特約とは
共済事故により損害共済金が支払われる場合、さらに臨時費用共済金として損害共済金の10%・20%・30%(加入者選択)をお支払します。(限度額:250万円)

小損害実損塡補特約とは
共済事故により損害額が30万円以下の場合損害額として実損害額をお支払します。

収容農産物補償特約とは
(建物総合共済に付帯することができます。)
建物総合共済に、納屋、農作業場等(保管場所)を加入する際、同時にこの特約の申込みをすることで収容中の農作物も補償します。
対象となる農産物は、米穀・麦・大豆の3品目です。
対象事故は、火災・風水害・地震等、総合共済で対象となる事故になります。

■加入タイプ

タイプ
出荷前の一時保管される方におすすめです。
補償額1口あたり 共済掛金1口あたり 最大加入口数 補償期間
100万円 1,000円 5口 500万円 収穫後
120日間以内

タイプ
通年保管される方におすすめです。
補償額1口あたり 共済掛金1口あたり 最大加入口数 補償期間
100万円 3,000円 5口 500万円 一年間
■建物総合共済 1,000万円補償あたり共済掛金表
物件・構造 基本契約 臨時費用担保特約 小損害実損塡補特約
臨費10% 臨費20% 臨費30% 臨費10% 臨費20% 臨費30%
普通物件 一般造 30,100円 32,800円 33,600円 34,100円 35,860円 36,760円 37,360円
耐火造B 26,000円 28,300円 28,900円 29,300円 31,360円 32,060円 32,460円
耐火造A 23,400円 25,300円 25,800円 26,100円 28,360円 28,960円 29,360円
*普通物件とは、一般的な住宅、農作業場、納屋、倉庫、蔵等を言います。
*建物の造りや用途によっては、普通物件に該当しない建物もありますので、詳しくはお近くのNOSAI各支所へお問い合わせください。

福島県農業共済組合(NOSAI福島)
〒960-8031
福島県福島市栄町6番6号
NBFユニックスビル6F